クラシックギターをやっています。少しずつ前に進んでいます。(カステラミルクの雑記帳2009年1月16日~2014年12月31日、カステラミルクの練習帳2009/04/09~2014年12月31日)定期更新を終了いたしました。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2009年3月の日記
2009年03月25日 (水) | 編集 |

2009年3月9日の日記

顎の痛み

顎の痛みはいったりきたり。
2月末に口腔外科に電話をすると、予約がいっぱいでものが食べられる状態なら、すぐに診られないと言われ、4月10日に行くことになりました。

昨日はギターのレッスンの日でした。
ヴィラ=ロボスの「プレリュードNo.1」をやっているのですが、中盤が全然弾けません。
それ以外のところもこけてばっかり。

5月の発表会は予定が合わず、出られる見通しが立たないのですが、それ以前に仕上がらない可能性が高くなってきました。
(発表会では、全然弾けない「郷愁のショーロ」を無理して弾いた事があって、そういうことには懲りています。)

私は、今回の選曲は過去に発表会で弾いたことがある「小ロマンス」「マリアルイサ」や「アデリータ」なども並べた上で、先生と相談して決めました。

実際にやりたい曲には、ポンセの「エストレリータ」を挙げていました。
これは、とっくの昔に音は取っていて、きれいには弾けないと思うけれども、楽譜どおりには弾けると思って、弾きたいと申し出ました。

「プレリュードNo.1」は、遊びで冒頭だけ音を取っている、いくつかの曲の中にありました。先生が「それ、かまへんで」とおっしゃったので、これが急浮上しました。

でも、やっぱり難しいのです。
このままでは大こけする可能性が高いです。
頑張るには頑張ってみますが・・・。

2009年3月10日追記: 
顎の痛みに加えて、3日程前から、花粉症で咽喉が痛く、口内炎が上唇の裏にできて痛いです。
もう、病気の日記みたい。
また、ギターの練習のことや、CDの感想を書きたいのに、そういう気分になれません。


2009年3月17日の日記

旅に出ていました。

土日月と、旅に出ていました。

九州。乗り鉄の旅です。

一日目は雪と桜を観ました。
二日目はいさぶろう号とはやとの風と九州新幹線に乗りました。
三日目は散歩してお土産を選んでといったところです。

九州は可愛い乗り物がいっぱいでした。
だいぶがんばっていたのですが、帰りの飛行機でちょっと酔いました。
頭痛ガンガンの状態でなんとか自宅まで帰り着きました。
ひっくりかえるかと思いきや、ご飯を食べ始めたら、治りました。
旅の記録は後日。


2009年3月25日の日記①

ギターのレッスンの日に食べているもの

結局、ギターの発表会は二人共、出ないことになりました。

夫は多忙で疲労がたまっているため、私ひとりで出ても、生活のリズムが狂うので、同じ話になるので。

もう少し、私が今の曲が弾けていたら、実家に泊まって、ひとりだけ出るということも考えたのですが・・・。

出る人と同じ気持ちで、弾き込みはしようと思っています。

ところで、ギターのレッスンの日は、家で晩ごはんを食べています。
スパゲッティーミートソースに決めています。

野菜をゆがいて添えたりはしますが、それ以上のことはしません。
門倉多仁亜さんが忙しい日はパスタに決めていると著書に書いておられたのですが、さすが、料理研究家さんはソースは手作り!! 、なんですね。

無理です、無理です。
そんなの、絶対、私はできません!!!!

お昼はマクドナルドや吉野家など。
ああいうところの、パキッと真中で折るタイプのドレッシング容器なんとかなりませんか?

服に飛び散ったことがあるんです。
そういうことがあったのは、ギターのレッスンに行く日ではなかったのですが、以来、非常に気をつけています。

2010年5月21日追記 :
吉野家のサラダは、個別容器入りのドレッシングを添付するスタイルから、作りおきのコールスローに変わったようです。

結構おいしいです。

松屋のサラダは水切りもできていないので、サラダに関しては、吉野家の方が研究ができていると思います。


2009年3月25日の日記②

リーガルブレッドメーカーK6743が壊れました。

2000年1月に通販生活で購入したリーガルブレッドメーカーK6743が約9年の使用で壊れてしまいました。

ある日突然、羽根の周りの生地にいきなり黒い油が染み込んでいました。
ぎやあああ。

メーカー代理店(わがんせ)ホームページによると、黒い油はパッキンの中のシリコンオイルで、口紅などにも使われているもので、人体には影響ないそうです。

でも、気持ち悪いよ。パッキンと工具を買うか、パンケースを買い換えるか、ホームベーカリーを丸々買い換えるか、なのですが、夫が、9年使ったら、もういいんちゃう?、と悪魔のささやきを。

なんで~!! 普段は始末しいのくせに!!

そりゃあ、本音は新品が欲しいです。
大正レディスニーダーの玉子の泡立てもできるタイプ・・・。

2009年3月28日追記:
結局、大正電機レディスミキサーKN-20を発注してしまいました。
九州から帰ってきて、当分、切り詰めようと思っていたのに、いきなり散財・・・。

2010年5月20日追記:
わがんせのホームページでは、現在、シリコンオイルが無害であることや、交換部品についての記述がありません。
代わりに、中国製の別の商品が載っているので、どうも、こちらを売りたい模様です。

私が使っていたのは、日本製でした。
MKが製造していたとも言われています。
こねの強さが魅力の商品でした。


スポンサーサイト

 リーガルブレッドメーカーK6743
2009年03月25日 (水) | 編集 |

《以前使用していたリーガルのホームベーカリーについて》

20090325regalbreadmakerk6743.jpg

独身で実家にいた頃、初めて購入したホームベーカリーは、リーガルブレッドメーカーK6743でした。

2000年1月に通販生活で購入し、よく使いました。

それまでも私は時々、休日に、手でこねて、いくつかに分割して丸いパンなどを焼いていましたが、こねる作業は、かなり大変だったので、たまたま雑誌で見かけたこの機械を注文しました。

その頃、ホームベーカリーのレシピ本は、売っていませんでしたが、付属のレシピを元に、普通の食パンやくるみのパンを作ったりして、楽しみました。

こねる力が強く、音が非常に大きかったので、夜にタイマーをかけて、朝に焼き立てを食べるようなことはしませんでした。

5年ぐらいは問題なく使用できました。

しかし、だんだん羽根の周りに緩みが生じてきて、そのまま使用していたら、ある日突然、羽根の周りの生地にいきなり黒い油が染み込んでいました。

メーカー代理店ホームページによると、黒い油はパッキンの中のシリコンオイルで、口紅などにも使われているもので、人体には影響ないそうです。

部品(パッキンと工具、あるいはパンケース)を買い換えることも出来たのですが、2009年の3月末に、思い切って、大正レディスニーダーの玉子の泡立てもできるタイプ(KN-20)に買い替えました。

私は今もリーガルブレッドメーカーの付属レシピを使用していますが、大正レディスニーダーでこねた生地の方がやわらかい感じがします。

どちらが優れているということではなく、これは好みだと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。