クラシックギターをやっています。少しずつ前に進んでいます。(カステラミルクの雑記帳2009年1月16日~2014年12月31日、カステラミルクの練習帳2009/04/09~2014年12月31日)定期更新を終了いたしました。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 次はどれを弾こうか思案中。
2010年05月30日 (日) | 編集 |

今月丸々、ギター教室がお休みで、宿題を出されたわけではないのですが、私は阿部保夫さんの「演奏会用ソル名曲選集」の中から、簡単そうな曲を選んで弾いてみています。

先生は、どれが簡単か教えてくださいませんでした。
でも、別の話をしていた時に、「アンダンテ・ラルゴOp.5、No.5」は難しいとおっしゃっていたことはあります。

これはCDで聴いた感じでは、全然難しそうに聴こえません。
むしろ、「魔笛の主題による変奏 Op.9」の方がよっぽど難しそうに聴こえます。

しかし、この曲は教室で伸びる段階にいた高校生の女の子が、頑張って弾いた曲でもありました。

今日はそういう話ではなくて、どうやって練習曲を選ぶかという話です。

まず調弦を変えなくてよいものを選び、よく知っている曲で、到底無理と思われるものは外します。

シャープの数は以前は気にしましたが、最近は気にしていません。
何小節か苦心して弾いた後は、そのまま切りがよいところまで弾けることが多くなりました。

伴奏がシンプルで、一音を長く引き伸ばしていたり、同じ音を同じリズムで弾き続ける箇所が多い曲を選びます。

後はメロディーの流れを見て、初見でわかれば歌い、瞬時にわからなくても、音の移動の仕方に何らかの規則性があるものを選びます。

そんな感じで、今までに、「ワルツ Op.8、No.2」、はるか昔に習った「ギャロップOp.32、No.6」、「アンダンティーノOp.32、No.1」、「アレグレット・モデラートOp.31、No.24」、これも昔習った「ワルツOp.32、No.6」、「アレグロ・モデラート Op.60、No.22」を自主的に練習しました。

ここまでやって、段々、選択肢が減ってきました。

次は、夫が一時期、バリオスの「郷愁のショーロ」を弾く前に、指慣らしの目的で弾いていたレソ調のメヌエットでもやろうか、と考え始めています。

私は、本来、難しい曲の中から弾ける箇所を探し出して、挑戦するのが好きなのですが、先生からは数をこなすようにという指示が出ているので、最近、それはやっていません。

正直な話、ガボットとかメヌエットとか、典雅な曲は趣味に合わないのですが、これからは、選り好みせずにレパートリーをどんどん増やしていかなければならないようなので、少し憂鬱です。


スポンサーサイト

 曲が似ているという思い込み
2010年05月28日 (金) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


 穏やかな「郷愁のショーロ」
2010年05月26日 (水) | 編集 |

夫は、何日かおきにギターの練習をします。
それは大抵、夕食後、私が食器を洗っている時ですので、私は背中で彼の演奏を聴いています。

彼は、バリオスの「郷愁のショーロ」でいらいらすることはなくなりました。
いくらかミスタッチはあるものの、ゆっくりと、控えめにリズムをゆらし、無難に、割と平坦にまとめています。

この曲は、曲に弾かされてしまうと、弾けません。
最後まで自分が主になって、曲を従わせなければなりません。

この曲で、うまくなる練習をしてはいけません。
すでに持っているものを、うまく出すようにしなければなりません。

彼は一時、左手の抑え方がうまくいかないことと、先生に教えていただいたショーロ部分の別の弾き方がマスターできないことを悩んでいました。
どちらも、部分的にはできても、流れに乗って、全体の中で弾くことはできませんでした。

前者は練習の回数を追うごとに、克服できました。
以前は、「痛い」、「しんどい」と、まるで、ギターを始めた頃の私のようなことを言っていたのですが、今はそんなことはないそうです。

後者はしばらく頑張ってみていましたが、悩んだ末、すぱっと切りました。

緩やかな大河の流れのような演奏は、悪くありません。
多分、私は近くで聴き過ぎているので、離れて聴けば、もっとよく聴こえると思います。

「若い頃は、最後のショーロ部分は、ボリュームを上げて、速く弾いたりしたの? 」
と聴いてみたら、逆に、
「今よりも平坦だったと思う」
という言葉が返ってきました。

このBのパートをどうするべきかということについては、曲を支配できる人の間でも意見が分かれると思います。

一番、悲しみを強く訴える部分ではあるけれども、どこまでそれをやるかという点において、彼は抑えた演奏をするのがよいと考えているようです。

彼は私のように、想って弾いていません。
彼は音を考えて弾いています。



 非常に偏ったソル好き
2010年05月25日 (火) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


 遅くても、王道を行く。
2010年05月24日 (月) | 編集 |

いつものことですが、この土日もギターを弾きませんでした。
私は週に二日、休弦日を設けていて、その間は、ギターを絶対に触りません。

その代わりに音楽をよく聴くかと言えば、最近はそうでもないです。
音楽を聴きたくなる気持ちというのは、読書をしたくなる気持ちとよく似ていて、波があります。

今月丸々、レッスンがお休みで、先生からたくさんCDをお借りしたのに、聴いているのは1枚だけです。
フェルナンデスの「ソル・ギター曲集」で、これには「幻想曲『別れ』、Op.21」が収録されています。
なかなかの名演奏で、現在、自分が習っている曲でもあることから、こればかりを聴いてしまいます。
他には、「グラン・ソロ Op.14」や「ソナタ ハ長調、Op.25(グラン・ソナタ第2番)」などが収録されています。

感想はまだ書けません。
訴えかけるものが深く、感想を言葉に表すのが難しいのです。
聴けば聴くほど、大変な世界に足を踏み入れてしまったものだと思います。

年齢的なことや体調のこと、夫の仕事のことや経済的なこと等を考えると、つくづく、ギターを始めるのは遅かった気がします。
(最初の頃、何年も怠けていたことは別にして)

到底、間に合わないのです、やりたい曲が弾けるようになるまでには。
しかし、先生は、ここから先は、王道を行くことしか許してくださいません。

「なんで、こういうどうしようもない人間に、先生はギターを教えはるんかな? 」
と私が言うと、夫は、
「どうしようもないこたないやろ」
と言いました。

ソルの音取りは続けています。
今は「アンダンティーノ Op.32 No.1」をやっています。
私は音を取るのは苦手ですから、すーっと一曲の終わりまで行きません。
5連符、6連符がでてきますが、そういうところはもたもたと…。

勉強なので、自分でわかって、納得できたら、それでいいと思っています。



 型のメンテナンス
2010年05月24日 (月) | 編集 |

お菓子の型のメンテナンスはどうしていますか?

材質によっては、何もしないでいいものもありますが、錆びる素材のものは、手をかけてやらなければなりません。

私の場合は、ブリキやティンプレートなどの素材の型をひとまとめにして、オーブンで空焼きしています。

20100427-katamente.jpg

200度で10分。
毎月やるのが理想ですが、ふた月に一度ぐらいやっています。

カレンダーの欄外に、つまり取りや布団カバーの交換などの項目と一緒に書いていて、その月やり損ねた場合は、翌月必ずやることにしています。

忘れがちなのはクッキー型です。
私のものは、もう錆びています。
これ以上、錆びさせないために、一緒に空焼きします。

20100427nukigata.jpg

クッキー型は入れ子の丸や菊がよいと思うのですが、持っていません。
左上はステンレス製のドーナツ型で、このメンテナンスは必要ありません。
ドーナツを作る機会がないので、大根を抜いたりしています。(変ですね。)



 音取りで足踏み
2010年05月19日 (水) | 編集 |

約ひと月前(20100420)、バッハの「ブーレ」の音取りを始めたと書いて、その後、どうなったかを書くのを忘れていました。

結論を言えば、取れたのですが、左手がばたばたしてしんどいのを、工夫して直す気に慣れなかったので、その後は全然弾かず、ソルの曲を弾いています。

多分、「ブーレ」はもう忘れてしまったと思います。
その代わり、ソルの曲を弾くようにしました。

現在は約1時間の練習の内、30分をソルの曲を何か弾くようにしています。

習っている真っ最中の「別れ」を弾くときもあれば、違う曲を弾く場合もあります。

音取りで苦しんで、ろくに弾かずに終わる場合もあります。

昨日、今日は、「アレグレット・モデラート」の音取りと練習に、力を注ぎました。

速度を表す言葉が題名になっているものは、ややこしいですね。

「Op.31、No.24」です。

以前、似たような名前の、「アレグロ・モデラート」という曲のことも書きましたが、こちらは「Op.60、No.22」です。

さて、「Op.60、No.22」は、簡単に音が取れましたが、「Op.31、No.24」には、大分、時間がかかりました。

小節番号を数えたくないので書きませんが、伴奏で入る和音の関係で、ローポジションからハイポジションへぽーんと動くところがあって、このハイポジションがどうしても頭に入らず、二回目に弾く場合にもう一度音を取り直すことになるので、その部分を覚えるための最低限の練習が必要になってしまったのです。

習う曲でもないのに、手がかかって嫌です。

楽譜に書き込みはしてはいけないと、先生からは言われているのですが、その部分を含めて数箇所、書き込みをしました。

明日からは、別の曲の音を取ろうと思いますが、この曲は苦労して音を取ったので、時々おさらいをしようと思います。



 練習メニューの変更
2010年05月12日 (水) | 編集 |

今日は、ジュリアーニの「アレグロ・ヴィヴァーチェ」の練習を中心にやりました。

軽快なリズムに乗りすぎると、左手が間に合わなかったり、右手がうるさくなりすぎるので、用心が必要です。

「アレグロ」の速さは、私にはまだ無理なのだと、ほとほと感じます。
速く弾くと、習ったことすべてが飛んでいってしまう気がします。

グラナドスの「オリエンタル」は暗譜が抜けていたところを反復して弾きました。
気になったところはたくさんあったのですが、今回は時間がなかったので、部分的に取り出して弾くことは、あまりやりませんでした。

ソルの「別れ」を練習したのですが、どこもかしこもまずいところだらけでした。
先生に教えていただいたのは前奏部だけなのですが、せっかく音を取ってあるので、どうしても一通り弾いておきたかったのです。

前のレッスンで、先生からお借りしたCDには、フェルナンデスの演奏の「別れ」が入っていました。
それがものすごくかっこよかったので、私がこれを本当に弾けるようになるのか不安になりました。
弾けないなりに弾く方法を教えていただけるのかもしれないなと思っています。
もちろん、先生マジックだったら、非常にうれしいのですが、今のところは、謎の選曲ということに留まっています。

ソルだけを弾く時間をレッスン時間の中に設けることにしました。
それが新しい曲の音取りであっても、「別れ」であっても、「月光」であっても、とにかく、ソルの曲を何か、アルハンブラの代わりに弾くのです。

弾けなくても練習の度に一度は弾いたアルハンブラほど、意欲的には弾けませんが、バリエーションは色々あるので、その日の気分で一曲か二曲、ソルの曲を選んで、30分は必ず弾こうと思います。

大体、最近は一時間練習することが多いので、その半分をソルの曲に充てることになります。

ソルの曲は、私にとって、本当に難しくて、真面目に取り組まなければ、物にならないと感じています。



 明日、弾けるように。
2010年05月11日 (火) | 編集 |

今日は、ソルの曲は弾かず、サグレラスの課題3曲とグラナドスの「オリエンタル」を練習しました。

腰痛がひどかったので、練習は5分ずつに区切りました。
30分は弾けましたが、1時間は無理でした。

サグレラスの3曲の内、1曲は音を取らなければならなかったのですが、少しだけにしておきました。
符点が多く、リズムを取るのに苦手意識が湧いてきてしまったからです。

「アルハンブラ」はAだけ弾きました。

これぐらいしかできませんでしたが、ゴールデン・ウィークぼけからは完全に脱したと思います。

今頃、何を言っているのかと言われそうですが、私の場合、いったん手が鈍ってしまうと、元に戻すのは大変なのです。

でも、こういうことも経験でわかっていますので、明日からは普通のペースで練習ができそうです。



 ほどほどの練習
2010年05月10日 (月) | 編集 |

今日はギターの練習をしましたが、ゴールデン・ウィークぼけが残っている上、体調が悪かったので、練習は何も目的を持たずに、流しました。

胃が痛かったので、ソルの「アレグレット・モデラート」の続きの音を取ることはできませんでした。

すでに取ってあるところだけ30分ほど弾いて、「アルハンブラ」を弾きかけましたが、すぐに左手が抑えるのをやめてしまい、右手も引っかかり、先へ続けて弾くことができませんでした。

その時間はカウントせず、ソルの「別れ」を30分ほど弾きました。

前奏部がまだ下手であるにもかかわらず、すぐに気持ちが入りそうになるので、抑えなければなりませんでした。

私はこの曲をセンスがある男女の別離と解釈していたのですが、先週悲しい出来事があり、違う解釈も出てきてしまいました。

でも、新しい解釈は、現在の私の技術では、部分的にしか、表現できないと思います。

何しろ、私は、まだ、5つ和音で、しょっちゅうずっこけているわけですから…。

低音弦を親指で、高音弦を他の指で弾く和音は、低音弦だけを弾くと思って、弾いた方が、手が自然に動くような気がします。

でも、すぐに、全部の弦を意識してしまうので、手が硬くなってしまい、音がもつれてしまいます。

私は、この技術を昨年(2009年)1月から、ヴィラ=ロボスの「プレリュードNo.1」で、ずっとやっていますが、なかなか上手くいきません。

もういい加減にこの技術を完璧にできるようにしたいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。