クラシックギターをやっています。少しずつ前に進んでいます。(カステラミルクの雑記帳2009年1月16日~2014年12月31日、カステラミルクの練習帳2009/04/09~2014年12月31日)定期更新を終了いたしました。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 修理に出していたウォークマンが帰ってきました。
2010年10月31日 (日) | 編集 |

連日お伝えしているウォークマンの修理と地デジ対応テレビとビデオの購入の話の続きです。 (多分、完結編になると思います。)


もしかしたらと期待していたら、予想通り、リコール扱いで、ソニーさんの負担で、直してくださいました。

がさがさ音が無くなり、きれいに聴こえるようになりました。
愛着があるので、まだまだ使います。

曲のデータは、夫の分を修理に出した時と同じで、消去されていませんでした。

電源を入れたら、山下和仁さんの「悪魔のカプリッチョ」が始まりました。
ソニーさんに聴かれたかと、ちょっと恥ずかしくなりました。

それは最後まで聴かないで、村治佳織さんの「サンバースト」をかけて、部屋の中をうろうろ歩き回って、雑音が入らないことを確認しました。

満足です。他の音もよくなった気さえします。

昨日は、テレビとビデオが来ました。
テレビがビエラTH-L32G2で、ビデオがディーガDMR-BR580です。

パナソニック同士なので、ひとつのリモコンで基本的な操作が可能です。
早速録画をして再生をしてみました。

画質は大変きれいです。
もっと上等もあると思いますが、うちではこれで十分です。
(というより、ろくな番組をやっていないので、そんなにテレビをよくする必要がありません。BSは契約していないし…。 )

しかし、今までのDVDが横に伸びて映るようになってしまいました。
市販のものも、ホームビデオもみんな太っています。

私は、画面に黒い帯が入った状態で、普通に見られると思っていました。
夫も、同じことを思っていたらしく、いろいろ試した後で、パナソニックにメールを出しました。

2010年11月1日追記 :頑張っている人へ
「はげまし」という意味のギターのデュエット曲です。

Fernando Sor-L'Encouragement-Cantabile, Theme and Variation (1/2)
http://www.youtube.com/watch?v=cD0R2w1GU9o

Fernando Sor-L'Encouragement-Valse (2/2)
http://www.youtube.com/watch?v=b-Y_T0OP13g

2010年11月3日追記 :
今までのDVDとホームビデオが普通に見られるようになりました。
前に使っていたソニーのスゴ録RDR-HX50を接続し、こちらで再生したら、ちゃんと映りました。
処分を急がなくてよかったです。
パナソニックから返事はまだ来ていません。

2010年11月4日追記 :
パナソニックさんから返事が来ました。
デフォルトの設定が16:9フルなのを16:9に変えたら、16:9でも4:3でも普通に見られるとのことです。

ビエラリンクの使い方は省略します。

テレビとビデオの電源を入れる。
テレビのリモコンで入力切換キーを押して、「ブルーレイ」にする。
ビデオリモコンの(番組表の右にある)スタートキーを押す。
「その他の機能へ」を選び「初期設定」を選び、
「テレビ/機器/ビエラリンクの接続」を選び、
最後に「TVアスペクト」を選ぶ。

4:3
16:9
16:9フル

ここで、16:9フルになっているのを、16:9に指定し直す。

戻るキーでメニューを閉じていく。
テレビの入力切換を元に戻す。
テレビとビデオの電源を消す。

わかりにくいところに入っていました(;;;´Д`)ゝ
一件落着です。…ふう。


スポンサーサイト

 誕生日を通過しました。(2010)
2010年10月24日 (日) | 編集 |

こっそりとまたひとつ、年を取りました。

それ行けブーマーの背番号と同じ年に、若い時は、自分が成ろうとは思ってもみませんでした。

佳人薄命と言いますし…。
(いや、そう言うには、無理があります。)

昨年は自分のために自分でケーキを焼きましたが、気力が湧かず、作れませんでした。
冷凍パイシートと玉子があったので、残り野菜でキッシュを作って、安曇野のお土産のワインを開けました。

例年のことですが、すぐに夫の誕生日が来るので、短い期間、同い年です。

昨日は、ジョーシンに、テレビとビデオを買いに行きました。
昼と夜の二回、夫と、お店に足を運んで、何時間も話しあった結果、両方ともパナソニックに落着きました。

テレビは32型です。フルハイビジョンでもなければ、LEDでもありません。
最初候補にしていたソニーの販売員さんが、あまり自社メーカーを売り込もうとしない方で、40型を越えるなら、そういうことにもこだわった方がいいけれども、32型ならむしろ倍速の機能にこだわった方がいいと言われ、パナソニックに落ち着いたのです。

配達待ちです。
今度は、近日中に、ホームセンターで、テレビ台を買わなければなりません。

工事はマンションそのものが地デジ対策で、ケーブルに入ってくれているので、ジョーシンの人に、最低限つなぐ作業をしてもらうだけです。

さて、問題の、私のウォークマンは修理に出しました。
ジョーシンの5年保証内である上、かつて同じ症状が出た夫のウォークマンは、ソニーが同様のクレームが続出しているという理由で、ただで直してくれたので、一度は修理に出す価値があるという話に落ち着いたのです。

古いデザインでも、操作に慣れていることの方が、私にとっては重要です。

ちなみに、今日は夫と一緒のギターレッスンで、電車で移動する際、彼のウォークマンを借りてみたのですが、同じ機種の色違いであるにもかかわらず、上手く操作できませんでした。

こんなウルトラ不器用なので、電化製品がどんどん進んでいくのには、ついていけません。

でも、携帯はいずれスマートフォンにしたいです。
まだ、今の携帯の本体の分割払いの期間が終わっていないので、買い替えるのは、無理なんですけど…。
(なぜか一括払いより分割払いの方が安かったので、そうしてしまいました。Jフォンからソフトバンクになり、他社に変わりたいのに、きっかけを逸してしまっています。)

ともかく、ウォークマンが直って帰ってきたら、CDの感想を書きます。
遅くなって、言い訳ばかりで、誠に申し訳ございません。



 ウォークマンが壊れてしまいました。
2010年10月17日 (日) | 編集 |

ブログ「カステラミルクの練習帳」の「ギターのこと」カテゴリーを終了して、「CDの感想」をメインコンテンツにすると宣言したのに、その後「CDの感想」のカテゴリーの記事をひとつもアップしていません。

言い訳をすると、ウォークマン(NW-S703F)が壊れてしまったのです。

私の愛用の香水瓶型のが…。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3-S%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-FM%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E5%86%85%E8%94%B5-%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-NW-S703F/dp/B000JL0ED8/ref=cm_cr_pr_product_top

2006年の暮れに買って、うれしがって、アマゾンにレビューも書きました。(「まるまりこ」という名前です。)

きれいな音でノイズキャンセルができて、集中して聴けて、電車に乗って、ギター教室に行くときはいつも持ち歩いていたのに…。

ガサッ、ガサッ、という不快な音が混じります。

この症状は以前、同じ機種の色違いを持っている夫が経験していて、修理が必要です。

本体の接続のところが傷んでいるという話でした。

で、修理に出すかどうかなんですが、もう買い替え時じゃないか、と夫が言うんですね。

こないだ、パソコン、買ったとこです。

そんなに高くないものとは言え、落ち込みます。

今日、早速ジョーシンに行って、パンフレットをもらってきました。

香水瓶型はもうないのですね…、さみしい…。



 完熟ではないプルーンのジャム
2010年10月16日 (土) | 編集 |

(ジャム調理は2010年9月6日)

安曇野の旅行で買ったプルーンを煮てみました。
プルーンを買うのは初めてで、食べ頃がよくわかりません。
レシピは門倉多仁亜さんのものを使用しましたが、
イメージと違うものができてしまいました。

20100906pjam01.jpg

20100906pjam02.jpg

20100906pjam03.jpg

20100906pjam04.jpg

20100906pjam05.jpg

20100906pjam06.jpg

(↑シナモンがなかったので、バニラを。なんか変ですけど。)

20100906pjam07.jpg

20100906pjam08.jpg

(↑裏ごしした残りです。)

20100906pjam09.jpg

(↑オーブンで仕上げる意味がよくわからないのですが、多分、伝統的なやり方なのでしょう。)

20100906pjam10.jpg

(↑もっと煮詰めるべきかもしれませんが、えらく時間がかかるので、端がぐつぐつ煮えてきた段階でやめてしまいました。)

20100906pjam11.jpg

赤いし、甘くないし。すっぱいし。

熟したもの専用のレシピだったのだなあ、と思いました。

爽やかな感じがするので、朝食に、長いことかかって食べました。

黴は生えませんでした。

私は、完熟のプルーンがどの程度のものか、よくわかりません。

このジャムを食べてみた母が、熟しているかと思って買ってみたプルーンは、しなびていたそうです。

今度、このジャムを作る機会があったら、いつもジャムを作るように、果物の重さの30%〜50%の砂糖で、鍋で最後まで煮て作ろうと思います。

仕上げにオーブンを使うのは、少量だと面倒だし、夏は暑いです。
(猛暑の中、決心して、作りました。)



 涼しくなって張り切りすぎました。(ホームメイド)
2010年10月09日 (土) | 編集 |

2010年9月13日に、荻山和也さんの「ホームベーカリーBOOKおうちで焼きたてパン」のいちじくくるみブレッドを参考にしました。

20100913pan1.jpg

20100913pan2.jpg

分割はする必要なかったです。中途半端な出来で、味ももうひとつ…。


2010年9月21日に、ドライアップル入りのバターケーキを作りました。
相原一吉さんの「お菓子のなぜ?がわかる本」を参考に、貝印の付属レシピにアーモンドパウダーを配合しました。
きりっとした長方形なのに、上はほのぼのしています。

20100921buttercake-01.jpg

20100921buttercake-02.jpg

これは非常においしかったです。バターケーキが苦手な夫も食べてくれました。


2010年9月28日に、門倉多仁亜さんの「コーヒータイムのお菓子」を参考に「プルーンの鉄板焼きパン」を作りました。

20100928tania-pan-01.jpg

鉄板と言っても、門倉さんはふちにアルミフォイルをかけた写真を載せておられたので、鉄の「型」ですね。 私はSOB-14のオーブン付属天板に直に作ったので、ふちにアルミフォイルはかけられず、焦げてしまいました。

20100928tania-pan-02.jpg

底が抜けてくるかと新聞紙を…。大丈夫でしたけど。

季節の味を楽しむといった感じの食べ物ですね。
ドイツ人は、日本人が芋をふかして食べるぐらいの感覚で、こういうものを作るんでしょうか?
私的には、プルーンをびっしり並べて作るのは、一回だけで十分です。
2パック使いました。最初はよかったけど、ふたりなんで、飽きました。

シナモンシュガーやシュトロイゼルを振っても、と書いてあったので、果物を少なくして、シュトロイゼルをたっぷり振ってみてもいいかな?、と思っています。
シュトロイゼル。甘いそぼろ。作ったこと、ありません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。