クラシックギターをやっています。少しずつ前に進んでいます。(カステラミルクの雑記帳2009年1月16日~2014年12月31日、カステラミルクの練習帳2009/04/09~2014年12月31日)定期更新を終了いたしました。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 サグレラス練習曲第2課第30番
2013年02月26日 (火) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


 今月作ったお菓子(2013年2月23日)
2013年02月23日 (土) | 編集 |

2013年2月23日:


おばあちゃまのタルト(ありもので。)


20130223-oba-a-chama-tarte-01.jpg



家にあったドライフルーツでつくった「おばあちゃまのタルト」。
津田陽子さんのレシピです。
18cmのセルクルはもっていないので15cmセルクルで作りました。
かなりあまいけど、おいしかった。


20130223-oba-a-chama-tarte-02.jpg


↑あまり生地

20130223-oba-a-chama-tarte-03.jpg

20130223-oba-a-chama-tarte-04.jpg


 弟さんの方がやさしい音で弾いておられるみたい。
2013年02月21日 (木) | 編集 |
益田展行さん。
http://www.gendaiguitar.com/gg_html.php?id=790#

お兄さんの正洋さんの演奏は好きでCDは、セゴビアへのオマージュと、ヴィラ=ロボス作品集と、ソナタを持っています。

「ソルのソナタ15-2」というと私の中では正洋さんの演奏がデフォルトです。
他にもいい演奏はあるだろうけど、とにかく、しっかりした弾き方の中に、わくわく感をこめていて、
最後まで楽しく聴けるので、大好きです。

展行さんの演奏はお兄さんとはまた違って、いい感じ。
リンク先の演奏はほんの少しなので、こう、と断言はできませんが。

非常に楽しみな人が出てきました。


 ご心配頂いて申し訳ございません。
2013年02月02日 (土) | 編集 |
本日(2013年2月2日)、懇意にしている内科に行ってきまして、
ついでに、右手の湿疹のことも聞きました。
「治りかけ。前、もっとひどかったやろ?」
と言われました。

現在、右手は、親指と人差し指の腫れ、特にひどかった人差し指の関節の腫れが引き、
普段通りギターを弾けるぐらい、回復しております。

私の手の写真はブロ友様にセンセーショナルだったようで、
複数の方からメールやお電話を、いただきました。

私のことを考えての事と、大変感謝しております。

しかしながら、1点だけ申し上げていただきますと、
私の信念として、医療機関は1時間以内で通える範囲で、かつ、
先生やスタッフが信頼できるところから、変えたくありません。

うかつに自分の手の写真を載せた私の軽率さについても、反省しており、
今後はこのようなものは載せないつもりです。
(記事の削除はいたしませんが、画像はサムネイルに差し替えました。
どうか、わざわざ他の方に見ていただくようなことは、ご遠慮ください。)

治りかけが逆戻りしてもいけないので、まだ当分、練習は控えめにするつもりですが、
調子が上がってきたら、録音もしますので、
それで、元気な様子を、感じ取っていただければと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。