クラシックギターをやっています。少しずつ前に進んでいます。(カステラミルクの雑記帳2009年1月16日~2014年12月31日、カステラミルクの練習帳2009/04/09~2014年12月31日)定期更新を終了いたしました。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 明石の空の下で
2013年06月29日 (土) | 編集 |
Guitar Tremolo : Sous le ciel d'AKASHI, by Jean-Marie RAYMOND




当分、これの感想は書けません。現代ギター、ありがとう。



現代ギター社‏@gendaiguitar
https://twitter.com/gendaiguitar/status/350180984567762944

『明石の空の下で』
亡くなる数カ月前、稲垣さんにおくられた美しいバラードです。レーモンさんの稲垣さんへの想いを感じとっていただけるのではないでしょうか。稲垣さんも病床からのお電話で、「とても美しい曲だ」と喜んでおられたそうです。
http://youtu.be/silMraTvWig


現代ギター社‏@gendaiguitar

https://twitter.com/gendaiguitar/status/350182662813646848

さきほどご紹介した『明石の空の下で』。タイトルの明石とは、稲垣さんの故郷、兵庫県明石市のことです。故郷で闘病されている親友へおくられた1曲です。

(※Youtubeの演奏者はベルナール・シルー。レーモン作品を多数録音しているパリ生まれのギタリスト。)


約1年後の記事はこちら


[READ MORE...]
スポンサーサイト

 こういう意味での星ではなかったと思います。
2013年06月27日 (木) | 編集 |
でも、稲垣稔さんは本当に星になってしまいました。





2013年6月27日 - 5:12 (ツイッターの時刻表示。実際は夜9時台)


https://www.facebook.com/gendaiguitar/posts/472975852790373

株式会社現代ギター社

ジャン=マリー・レーモンさんの、稲垣 稔さんへの追悼メッセージをシェアします。

『わが音楽の兄弟、日本の稲垣稔氏のご逝去を深い悲しみをもって受けとめております。二日前、容態の悪い中、彼は最後のお別れの電話をくれました。私は彼を決して忘れません。彼が世を去ったことで、ギターと音楽を愛する人々は本当に大きなものを失いました。
ありがとう、稔。君が僕たちに与えてくれたものすべてに対して。』 (訳:上谷直子)

他に、福田進一さんhttps://twitter.com/fukushinsanchan/status/349828812911034368 、
田部井辰雄さんhttp://blog.livedoor.jp/tabotouuko/archives/2040706.html も、メッセージを出されました。
[READ MORE...]
 今月作ったお菓子(2013年6月)
2013年06月26日 (水) | 編集 |

シフォンケーキ


プチジャポネさんで習ってきました。
プレーンの方は移動中に、少し変形してしまいました。
雨が降っていましたので。


20130626-chiffon cake-j-01


型から出したところ。


20130626-chiffon cake-j-02


20130626-chiffon cake-j-03

おさらい。
14cmのレシピを2倍にして、18cmの型で焼いて、あまりうまくいきませんでした。

20130703-chiffon-02.jpg

長年、型のサイズを17cmと思い込んでいました。
そうか、いくら頑張っても、縁を越えてくれないはずです。

型はずしは失敗。ぼろぼろになりました。

20130703-ie-chiffon cake


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。